頭皮に優しい着色効果のあるトリートメントで白髪対策。

年を取れば誰だって白髪が気になってきます。薄毛に比べれば大した問題ではないと思う人も多いですが、白髪が増えれば、それだけ見た目年齢も老けちゃいます。いつまでも若々しく見られたいなら、やはり白髪染めなどの対策は必要なんですよね。

ただ、若い頃の染毛と違い、年を取ってくればそれだけリスクは伴ってくるわけです。近年の白髪染めは頭皮に優しくなってきているとは言え、負担をかけるのは間違いありませんし、抜け毛のきっかけになる恐れもないとは言えません。

ある程度年のいったお父さん世代なら、まずは頭皮に負担をかけないことが優先です。そんな意味では、トリートメントを行いながら徐々に着色していくタイプの染毛材がおすすめです。

植物生まれの白髪染め

植物生まれの染毛材「mokumokuto(もくもくと)」は、ダメージヘアをしっとりなめらかに整えるトリートメントでありながら、使い続けるうちに、白髪を目立たなくする着色効果も兼ね備えています。これなら頭皮にも優しいので、白髪染めの刺激が気になる人でも問題なく使えるのではないかと思います。

⇒ mokumokuto(もくもくと)ハーブヘアートリートメント詳細はこちら